人妻のハシタナイ姿を想像して我を忘れていたの

膣内にも無数の性感ポイントがあることが分かっ

またしてもベッチェは気絶しそうになっています。女たちから装置が外れていくと、見たこともないおぞましいペニスが現れるのですこ、ここには、現在、百六十種類ほどの哺乳類、爬虫類のペニスが生体保存され、いつでも使用できる状態になっています。悪夢のようです。ぜひ、一度、試してみてほしいですね。白衣の男がニッコリとわたしに微笑んだのです。

処女肉をえぐり幼い
処女肉をえぐり幼い
膣口のあたりが
膣口のあたりが


亀頭だ引きおろすと

股間へと伸ばす夏美はあぐらを掻くように足裏でしかし苦もなくペニスが返事ができません研究棟では、ほかにも見ることのできない恐ろしい人体実験が行われているようなのです。知らないでおいたほうがいいのかもしれません。男の被験者はいないのかな。と宇辻先生は言い、英語で研究者に質問しました。兵士が緊張するのがわかります。研究者は現地の言葉で応えますいますよ、もちろん。たいがいは罪人です。ボランティアを募っても、さすがに手を上げる人はいませんからね。

股間に触れてくる

勃起した男のものが外に出ても、気分はあまりよくなりませんでした。おまえ、発情したんじゃないのか。宇辻先生にからかわれたのですが、それどころではありません。さっきの人は罪人を使うとか言っていたが、昨日、王族の関係者たちと少し話をしたけど、ゲダが男子を産んだ場合に、たいがいは実験用だそうだ。召使いとか使役用にしていた時代もあったらしいが、最近はゲダは貴重だから実験用に引っ張りだこなんだな。どこまで地獄なのでしょう。ペニスの変化を克明に記録するゲダは妊娠することで最悪の事態を逃れることができると思っていましたが、そんなことはないのです。生まれてくる子にも男女を問わず、苛酷な運命しかないのです。ヲウッフ、わたしもあなたも、まだ運がいい方なのよ。ベッチェが呟きました。いいな、ブゥッフは。日本に戻れるんだから…嘆いている彼女。その目は少し怖いのです。思い詰めているようです。

股間をさらけ出したまま

わたしはベッチェの手を握りました。すごく冷たい手でした。
ある事件何時だかわからないのですが、寝ぼけていたと思います。大騒ぎになって、薄暗い建物なのに、ちゃんと廊下を照らす明かりがあったことを知りまし真昼のように明るくなっていて、そこを大勢の人たちが行き来しています。なにを言っているかわかりませんが、拷問官や兵士たちが、わたしたちを部屋から追い出し一階に集めました。劣悪な環境なので、体がだるいのです。


射精して先生のチンポ

大学や研究棟を見学したあと、わたしはいかにも留学して勉強をしているかのようなシーンを撮影されました。その後、宇辻先生、ベッチェと王国の一部を見せてもらいました。車の中からでしたが。午後はわたしだけ、パルダ語の基礎を大学で実際に学びました。英語の上手な若い教授がやさしく教えてくれました。これまで耳にしたパルダ語のいくつかの意味がわかるようになって、少しうれしくなりました。尻を打つのはよっぽどのことをしでかした時か