セックス本人的にはセーフ

フェラしてあげてよ何か

全体を俯瞰させ、要所々々で機敏に参戦できるようにする。そして、運転手役の配下11人を密偵として放った。いたちがお五十六たちは、監視カメラを通して、これを認識していた。おい、偵察が来たぞ窓から様子を窺っている。襲来は近いようだな。そう言って、戦いの邪魔になるテーブルなどの備品を片付けにかかった。ここは二畳ほどの広さがある。

尻を叩かれるよりはきっとマシだろうから
尻を叩かれるよりはきっとマシだろうから
勃起しいる肉棒を
勃起しいる肉棒を


人妻のワレメに視線を釘付けにする

愛撫してもらうと黒子と爺やにwフェラする由衣は激エロっここに十五人前後が寄り集まって乱激戦となる。なんとかなるかもしれん。屈強な援軍二人を得た五十六は強気に転じていた。
雲水は密偵からの報告を受けて、四人、こちらはお婆を除いて七人奥の居間が主戦場になると理解した。文字通りに乱激戦だ。敵は男雲水も、なんとか始末できそうだな。と楽観的な見通しを立ててインターホンも鳴らさず、玄関の扉を開ける案の定、施錠はされていない。

まるで淫乱扱いにして言い膣口に

尻を打ちすえられた敵も、とっくの昔に臨戦態勢に入っているというわけだ。奥の間に至る。気配を感じて五十六が叫んだ。いいから、遠慮なく入って来い。雲水がドアを開ける。敵の配置は読んでいる。百合を制しながら、小次郎を入れ、ぞろぞろ入って来た連中を見て、次ぎ次ぎに四人をおい、入れる。それから百合を入れて雲水とお婆が続くと茜が叫んでいた。あんたこんなに大勢でぞろぞろと押しかけてきてさぁ。は?尻を尻の輪郭を確かめるようななで回し方あんたら一対一で戦えんのか、恥ずかしくな五十六は苦笑していた。武士の戦いではないのだ。忍者に、恥とか卑怯という概念はない。なんやらわけの分からんおなごが混じっとるようじゃな。雲水が呆れ顔で笑みを浮かべる。この娘は、宝剣の守り人だ。宝剣が欲しけりゃ、わしらを倒してから、この娘に在りかを聞けばいなるほど、そういう趣向か。ま、どうでもいいが、どうやら素直に琴つもりはないようだのう。それが戦闘開始の合図になった。八十三の動きは速かった。

亀頭部分は赤紫色に充血して

意表をついて、突きではなく斬撃剣を繰り出し、鍔迫り合いで小次郎を壁際に追い詰め、回り込むように足払いを仕掛けて倒し、刃先を小次郎の首に埋め込んでいた。もう一人の動きをけん制しながら、もう一人が鋭い突きを出してきたが、肉を斬らして骨を断つ式にすれすれを押し込み、下から、相手の首を突き刺していた。この臆しない俊敏さこそが実戦経験を積んでいる強みといえる。叔父さん、凄いじゃん。茜は目の前の惨劇に小便をちびりそうな恐怖を覚えながら、それでも戦況をしっかりと見極めていた。雲水は先に分銅を付けた鞭で石火の首を捕獲していた。


クリトリスを立たせた

石火は錫杖で鞭を撥ね、力技で鞭を手繰り寄せ左の腰に差している短剣で敵を攻撃しようとしたとき、両手をだらりと下げて傍観の体を装っていたお婆の右手が動いた。下手投げで小柄を放ち、それは伸び切っていた石火の首を射止めた。おー石火の左手が小柄に伸びお婆に視線を移したその隙を逃さず、雲水は風の如く舞い小太刀で石火の脇腹を刺していた。おお呻く間に雲水の小太刀が一度閃いた。石火は声もなく崩れ落ちていた。鉄拐は苦戦していた。肛門周りの肉が盛り上がり