下半身はマグマのように溶けている

挿入した指を動かして

過去は忘却しなければ人は前に進めない。私の都合で人の歩みを止めるのは、神の傲慢なんですよ…きっと…。そして夜…帰れるってマジですか先輩!ああ、媛神はそう言っていたよ。俺は昼間に媛神から聞かされた、結界を解くという言葉をみんなに伝えていた。やったこんな辛気臭い島から、ようやくおさらばできるのよ!

クリトリスの柔蜜液でぬめった指の腹を使い
クリトリスの柔蜜液でぬめった指の腹を使い
射精したいわよね
射精したいわよね


セックスを拒むと宣言したのだうんいいよ

フェラチオをする場合は事前に膣の入り口あたりの壁をツンツンしてやるお兄ち予想通り響は喜んでいる。しかし、他の二人は…響、七生姉がなんのためにここにきたか、理解してる?解ってるわよ、そんなこと。私だって七生姉の願いを叶えてあげたいわよ。でも、それで七生姉が苦しむことになるなら、なんと言われようと出て行くべきだわ。ありがとう響ちゃん。どうかしたの?

お尻はいじったことないかも

ペニスが突き刺さるとてっきり七生姉は、そういうこと言うと怒るかと思ってたんだけどどうして?怒るわけないじゃない。だって響ちゃんは私のためを思って言ってくれてるでしょ?むしろ、お姉ちゃんは響ちゃんの心遣いが嬉しいな。おそらく心配かけまいと、みんなの前で笑ってい七生さんの笑顔は、るに違いない。たぶん強がりだろう。そう思うと、痛々しくて見てられなかった。たまらなくなって俺は外に出た。巨乳を上下に激しく揺らし外には綺麗な月が出て、ほのかに海を照らしている。
んはあ…。綺麗な景色に思わずため息が出てくる。確かにここは楽園なのかもしれない。この島が神聖で不思議で、そして特別な場所であることは間違いなかった。だからといって、神様の事情で人が振り回されるなんて、許されて良いことではない。だから、ここから出るのは正しいことのはずだ。

処女だったとは

だが…だが一方で俺はここに惹かれている。数日前の自分なら喜んで出たはずなのに、俺はこの島から離れることを惜しんでいる。一体どうしたんだろう?もう調査もあらかた終えて、もう用はないはずなのに。学者としてではない、一人の人間として、どうしようもなく自分はこの島に惹かれている。一体どうしたらいいのか答えが出なかった。これは遠い昔の記憶。


人妻の身体だ

かつては聞こえた子どもたちの声。かつて荷を上げる男たちで賑わう港。幾つもの時代が俺の目の前に浮かんでは消えていく。だが、そんな輝かしい時代も過ぎ去り、今では忘れられた島。島の記憶に触れているんだ。隠津島大本営の命を受け、万里の波濤を越えてやがて来るバルチック艦隊を発見するため、この島にて観測任務についているしかし、その実際は観測所としては名ばかりの急ごしらえの立ち見櫓と双眼鏡が一つ。せめて名機と誉高いカールスアイツでも仕入れたいところだが、戦時下において軍に余裕があるわけでもない。尻を浮かせて悶えてしまった