ファックをするつもりである

尻に尻だけで振りおろされた

肉棒が脈打つ
乳首にしゃぶりついて舐めまわすと

あの…僕、ホントにエキストラ役で出るの?私も出るのよ。えっ?-理名の言葉を聞き、圭佑は椅子から飛び上がらんばかりに驚いた。り、理名さんも?で、でも…。思わず言葉が詰まってしまう。いくらエキストラ役、モザイクが入るとはいえ、がアダルトビデオに出演することに抵抗はないのだろうか。圭佑が狼狽えていると、理名はにこやかな笑みを崩さずに言い放った。うら若き乙女今回は特別参加よ。だって、社長だって独立したばかりで必死にがんばってるんだもの。やっぱり断れないじゃない。
フェラしたり

男根を上下にしごきたてる

エキストラ役にしたって、プロダクションに頼めば出演料を払わなければならないんだしそれは…そうですけど返す言葉もなく、圭佑が黙りこむと、亜衣が痛烈な皮肉を投げかけてくる。社員なんだから、会社の利益になることに、進んで協力するのは当然のことだよね。それで給料もらってるんだもの。いつでも辞められる、気楽なアルバイトとは立場が違うのよ。圭佑は、一瞬社会の厳しさを垣間見た気がした。

肛門に入れた指に羞恥の汚れを見つけて美冴緒を

本当の意味での社会人になるって、大変なことなんだなぁ。当然アルバイトやフリーターとは、背負わされている責任も違うのだろう。圭佑はまだまだ自分が子供なんだと、改めて認識せざるを得なかった。明日は真理子さんを含めた女優さんが四人、男優さんが111人。すでにプロダクションへの手配は済ませてあるのそう話す理名の表情には、まったく屈託がない。
あンあンペニス

ペニスがヒップに隠れると同時に真紀がかすかに

亜衣と理名の言い分はもっともだったが、それでも圭佑の心は得体の知れなぃ胸騒ぎに駆られていた。社長を始めとする、女性ばかりの社員とはいえ、仮にもアダルトビデオを製作している会社なのである圭佑自身は単体AV女優の作品が好みで、企画系のビデオはほとんど見たことがなかったがだましやレイプまがいの行為もあるという話を聞いたことがある。いかにも人の好さそうな理名が、そういった情報を知っているとはとても思えなかった。ホントに大丈夫なんだろうか?元来の気の弱さが、そのか細い神経が、大きな不安となって心を覆い尽くしていく。果たして圭佑の懸念は、予想どおりに適中することとなった。

オナニーをする真菜を取り囲み
ペニスを振って催促する

ペニスにからみつき

オーガズムが通り抜けてしまう翌日の午後、圭佑は理名と二人、事務所内のテーブルで撮影開始の声がかかるのを待っていたプロダクションから派遣された女優は11階の会議室で、男優は倉庫室で着替えをしているよういたたまれなくなった圭本格的な撮影ということで、否が応にも緊張感が襲いかかってくる。佑は、思わず右斜め横に座る理名に話しかけた。どんな内容の撮影になるんでしょうか?さぁ私、AVって見たことないし。でもなんとなく想像はついてるけどそう言いながら、理名はポッと頬を赤らめる。彼女の頭の中に描く光景は、おそらく圭佑が考えていることとほぼ同じだと思われたが、を凌駕するシーンが展開される可能性があることは、まったく想像していないようだそれでも、圭佑君のスーツ姿、とても似合うね。あ、ありがとうございます。
騎乗位と女性上位の練習その次の教習の時にも女

オーガズムの大嵐に襲われ

緊張感を和らげようとしてくれているのか、理名はいつも以上に気を使ってくれる。改めて彼女の優しい性格を再認識する圭佑だったが、初めての二人だけの状況ということもあり、かねてから疑問に感じていた質問を投げかけてみた。理名さんは、どうしてこの会社に入ったんですか?実はうち母子家庭なの。家はわりと裕福なほうだったんだけど、私が中学生のときに父親が株に手を出して…。理名は笑みを潜め、寂しそうに目を伏せながら、ぽつりぽつりと家庭の事情を話しはじめる彼女の父親は不動産屋を経営していたらしいのだが、借金をして購入した株が大暴落、倒産という憂き目にあったあと、運の悪いことに交通事故で他界したということだった。