大陰唇の真ん中に刻み込まれたワレメはどこか品

セックスは間遠になりついには

尻に自ら進んで顔を押し当てる召使いの女達のク
愛撫しています

そんなものを秋津島家が許すとは思えなかったが、櫻子は英次のことを家族にはオープンにしていた。それじゃ櫻子、それを頂くよ。はい!どうぞ召し上がれ。ぱくりと食いつく。やはりハムではない。たぶん、フォアグラ。英次が食べたことのない味六--六体温でゆっくりと蕩けるように、口中にうまみが広がっていく。普通のレバーパテのような、内臓系特有の臭みが感じられなかった。な、地上にあったのか…。なんだ…こんな美味しい物が、英次の全身の産毛が逆立ち、初めてセックスを経験したときと同じような、熱くなった頬が緩む。
お尻であれだけ狂うなんて

セックス感度が著しく異なるということは

人生が変わる衝撃の美味さだった。う、うまいっ!美味いぞ、櫻子!当然ですわ。恋人相手にも勝る、愛人へのあんですから。そうか、そうだよな。愛人へのあんだもんな…。英次の動きが止まった。愛人?びたりと、え?はい、英次様はわたくしの愛人なのです。

子宮口を抉った

またしても満点の笑みを浮かべながら、櫻子はとんでもないことを口にした。愛人ですわ!あのさ、櫻子。言葉の意味は分かってる?もちろんですわ。お父様が教えてくださったのですから。櫻子は、手を胸に軽く当てた。かつて、お父様はおっしゃいましたの。恋人や妻は家と財産と一族を守るための、絆のパトナーである。
フェラチオだ

フェラって

愛人は伴侶相手では一生感じられない禁断の快楽を教えてくれる、愛のパートナーである。妻と愛人は、比べることが出来ない、ともに大切な存在であると。わたくしは感激いたしましたわ!キラキラと瞳を輝かせて、櫻子は誇らしげに語った。あのさ、櫻子。貴方のお父上がそれを話したのって、二年ほど前でしたか、お父様が愛人の方とそのお子様を、いつのこと?母に紹介した時ですわ。英次は状況を想像した。どう聞いても、浮気男の言い逃れじゃないか。

乳首もこんなになっちゃって
肛門の指をさらに奥に進めてそこから

フェラに期待感が込みあげてくる

射精の危機が迫っているのだそれで問題は起こらなかったの?もちろんですわ。お父様は正しく、絶対ですから。リましたの!お母様も感激なされて、愛人をお作りにな
英次の反応の意味を理解していない櫻子は、小さく首を傾げて見せた。ですから、お父様に申し上げたのです。
オマンコに息でイタズラサリナは少し困ったよう

チンポイイーふぁッ

わたくしも、お父様やお母様と同じように、秘められた快楽を教えてくれるパートナーと出会えました。素晴らしいことを教えていただけたおかげです、と。お父様はどんな反応をした?たまたま体調が優れなかったのか、ずいぶんと汗をかいていましたが、最後は祝福してくださいました。最後は、か櫻子の父親は、自分が信じ込ませた嘘に足をすくわれたことになる。おそらく、櫻子を止めようと父親が必死に話した言葉の全てを、かつて父親自身が語った愛人論で封じてしまったのだろう。恐るべき天然さだった。