フェラチオだ

肛門に押し込みはじめた

拘束も解いた
目の前には二つのオンナが見えていました。下には、成熟した黒い毛に縁取られたオ00コ。その上には、まだ誰にも使われたことのない、白桃の果肉に切れ目を与えたような二つの盛その手はり上がりが広がって見える、赤くて未熟なオ00コ。ああ!いやあ!思わずしゃがみ込んで除いている私の目の前で、後ろから伸びてきた両手が、桃割れの左右から、くぱあっと広げてしまったのです。その場所は、真っ赤に見える肉が、トロトロに湧き出した蜜のせいで、らぬほど、ぐちゃぐちゃになっていたのです。さ、ごらんください。

少女ではあっても、生み出される快楽は小さくないようです。甘く切ない淫声が、感の高まりを歌うように響きました。ああ、いや、旦那様、おっしゃっちゃ、いやぁ、あん、ああ、だ、だってぇ。切ない快クチャ、クチャ、クチャ湿った音を響かせながら怒張が、秘裂を浅くこすります。丸い尻が邪魔して、こうしてまっすぐ立ったままでは中に入れる角度にはなりませんが、その入り口を確実にこすり上げていました。
ペニスから離し

私は射精した

じゃ、そろそろ、ラチを開けてやりましょうかね。さ、美代、こっちにおすわり。あっと思ったときには、私の前から柔らかい発展途上の身体が行ってしまって、タイルの上
に座り込んだ八重さんの脚を跨ぐ形で座っていました。さ、ご覧になっていて、もう、すぐそこですからね。あっ、きゃっ、だめぇ。まるで教え諭すような口調で言った八重さんは、そのまま脚を広げたのです。

ペニスが突き刺さる


ピストン運動を開始した

伸ばした脚に跨がる形で座っていた美代ちゃんの脚は、見事にパックリと広がって、桃割れの中の赤いに句碑だがチラリと見えてしまいます。ああん、いやだよ、ああ、こんな、恥ずかしすぎるからあ、丸見えになっちゃってるぅ。一度股間を隠そうとした手は、後ろから掴まれて、あっという間に払いのけられてしまいます。と言うことなのか、真っ赤になってしまった顔を覆ったのです。仕方なく、どれほど美代ちゃんが恥ずかしがろうとも、その光景を見逃すわけにはいきません。
愛撫してみそんな気を起こした私は先ず

下半身には動物的な剛毛が生えている女だった

目の前には二つのオンナが見えていました。下には、成熟した黒い毛に縁取られたオ00コ。その上には、まだ誰にも使われたことのない、白桃の果肉に切れ目を与えたような二つの盛その手はり上がりが広がって見える、赤くて未熟なオ00コ。ああ!いやあ!思わずしゃがみ込んで除いている私の目の前で、後ろから伸びてきた両手が、桃割れの左右から、くぱあっと広げてしまったのです。その場所は、真っ赤に見える肉が、トロトロに湧き出した蜜のせいで、らぬほど、ぐちゃぐちゃになっていたのです。さ、ごらんください。

射精しそうになり


クリトリスだ
ああー旦那様、ご覧にならないで、いやあ、恥ずかしい。美代の身体は、旦那様のおかげで、このように蕩けておりまする。どこがなにやら分かいささか、芝居じみた口調の八重さんは、左手で、し指で、グッと下から大きくかき上げたのですああ!外側の唇をグッと広げながら、右の人差声がひときわ甲高くなり、快感の激しさを訴えます。あん、あう、ああららめぇ、ああ、あ、あうう。
潮吹きロリ女性の生乳もみもみ

ペニスは化け物じみていた清の

さ、精一杯感じていいんだよ、美代が気持ちよくなるところ、しょうね、ほら、旦那様が見てるよ、お前のこの中を。旦那様に見ていていただきま
ああ、あふう、らめぇ、あららんなさまぁ、ごらんになっひゃあうう、あう、お、おかしくなるう。細長い中指は、まるで見せつけるように、ククク、と第二関節で曲げられて、小さなクリトリスを襲いました。ああん、ああん、ああーほら、ほら、ほら、さ、イッっちまいな。ほら、イクって言うんだよ。