オナニーする場合も

バイブをお腹の所に持ったままです

肉棒でした
指で陰唇を押し広げながら粘膜に舌を這わせ、舌先を窄めて先端の尖りをツンツンと突く。とろりとした愛液が秘裂から滴り落ちてくると、芳彦は心の中で歓喜の雄叫びをあげながら美少女のラブジュースを啜り上げていった。芳彦君、だめだめっ。莉奈の内股に痙攣が走り、鼠蹊部がピクピクと震える。ヒップが床から浮き上がり、小さな回転動を見せはじめるか、感じてる!すごいや。莉奈先輩が僕のクンニに感じるなんて。
亀頭をおさめ

愛撫をくり返しながら彼のコックはより一層大き

唾液と愛液で、おマ゜コがもうねっちょりしてるぞ。感慨深げにほくそ笑んだ芳彦だったが、その直後、莉奈がペニスに指を絡めてきた。咄嗟に股間を見下ろすと、莉奈は目を潤ませ、熱い溜め息を盛んに放ちながら勃起を凝視している芳彦があつ。と思った瞬間、怒張はまたもや莉奈の口腔へと引き込まれていた。鈴口や亀頭、胴体へと舌が蠢き、肉茎全体にねっとりとした唾液がコーティングされていく。

 

下半身を露わにする

やはり、莉奈もよほど気持ちがいいのだろう。先ほどとは違い、貪りつくようなフェラチオ鼻から洩れる悩ましげな声とともに、な粘液で光り輝いていった。ペニスはあたかもハチミツを塗りたくったように透明芳彦も負けじと、口唇奉仕を再開する。
唇に触れる女陰は愛液でたっぷりと潤い、乙女のフェロモン臭が少年の脳幹を麻痺させていん、んううペニスを口に含みながら、莉奈の鼻にかかった喘ぎ声が洩れてくると、芳彦は舌を夢中で動かした
勃起している

人妻のような
莉奈先輩をイカせたい。そしてそのあと…。憧れの君と結ばれる光景を頭に浮かべながら必死の口戯を繰り出すも、ころのない状態まで追いつめられていた。芳彦の性感もよんど莉奈は自身に起こった未知の快楽から気を逸らそうとしているのか、み込み、大きなストロークで顔を振りはじめたのであるああ。ペニスを喉深くまで呑ピチュピチャ、ジュポツジュパッと、ていく。ソっーソうう!淫媚な水音が響き渡り、二人の快感を臨界点へと導い莉奈のヒップが小刻みに震えはじめたと同時に、だめだ!芳彦も腰をひくつかせた。もう我慢できないよぉ。

 

愛撫を受けた雅之は

ホントに莉奈先輩とエッチなことしちゃつたん射精したあと、精液は莉奈の口元から頬へと大量に降り注いだ。莉奈はすぐさま洗面所へと飛び込み、芳彦は仰向けになったはま、荒い吐息をつくばかりだったのである冷静さを徐々に取り戻すと、芳彦はすぐに後悔することとなった。なぜ莉奈と結ばれるまで、我慢できなかったのか。しかも精液を顔にかけてしまうとは。怒っているのではないか。もう二度と会わないと言い出すのではないか。

股間は何故あんなにグロテスクで卑猥で


最後の攻撃とばかりに、尿ああ、唇を窄め、ピンク色の小さな尖りを目一杯吸い上げる。イクンっ!莉奈が口からペニスを抜き取り、絶頂の扉を開け放つと、芳彦も鈴口から濃厚なマグマを放出させていた。莉奈の家を後にした芳彦は、ボーッとした表情で帰宅への道のりを歩いていた。うれしいような、何か気が抜けたような、何とも複雑な心境を覚えてしまう。ボーイズラブにはちょっとびっくりしたけど、だよな。
バイブを持つサリナの手を