クリトリスを探る

膣の奥が小刻みに震え

ピストン運動をはじめた
四十三になっていても幼さののぞく小夜子をいとおしく思っていた。雄三とは三つ違いだった。大阪で知り合って一緒になった。雄三の勤めている会社に求人広告を見て小夜子が入ってきた。職場結婚だった。雄三はふと、小夜子にかつがれているような気がした。携帯電話がまた鳴った。石川県警の警察官だった。落ち着いた声で小夜子が突然死したことを告げ、小夜子に持病があったかどうか、医者にかかっていたかどうかといったことを訊く医者にかかっていなかったが、小夜子は不整脈を気にしていた。雄三がそう言うと、警察官はそうですか。
セックス本人的にはセーフ

セックスしている

とひと呼吸置いて、明日何時ごろこちらに来られますかと到着時間を尋ねる雄三はおおよその時間を告げた。警察官からの電話が、小夜子の死を動かしようのない事実として雄三に突きつけた雄三は昨日の朝、午前八時に自宅を出た。八月三日から一泊の日程で広島へ出張することは二週間ほど前に決まっていた。小夜子はそれに合わせて志田紀代子と山中温泉に一泊旅行することにしていた。家を出るとき、小夜子は普段と変わらぬ明るい表情で手を振って見送ってくれた。

 

愛撫する行為が存在するのは理解できるような気

紺地の七分袖のシャツにデニム薄地のスカート姿で、雄三の姿がエレベーターホール隠れるまで手を振っていた。小夜子は色白で首がほっそりしていて、台形カットの襟元のその七分袖がよく似合った。山中温泉は、奥の細道の旅程の中で芭蕉が訪ねたゆかりの地だし、鶴山渓には芭蕉堂がありまた温泉地の中心街には芭蕉館があるので、雄三はそこを訪ねたらとすすめていた。奥の細道でずっと同行していた曽良と芭蕉が別れたところやし山中や菊はたおらじ湯のにほい
と詠んでいて、温泉情緒豊かなところなんやろう。
ペニスから唇を離し上目遣いで靖史を見ていた

中出しをして抜いたばかりの紫織のそこに
雄三は、小夜子の後を追って俳句をはじめ、そこそこの句が詠めるようになっていた。あなた、芭蕉だとか何だとかいっぱしの俳人のようになったわね。と小夜子は笑みを浮かべた。その小夜子が不帰の客となるとは思いもしなかった。いや、いもしなかったとか、想像だにしなかったと言えば嘘になる。小夜子は死ぬ半年ほど前から心臓が急にコトンと電圧が切り替わったように妙な具合になるの思と気にしていた。

 

巨乳おっぱいがさらに強調されて

紀代子とは同い年でともに田舎育ちという共通点があった。小夜子は鳥取県の米子市、紀代子は愛媛県の宇和島市と出身地は違ったが、育った田舎の環境が似ていた。それに、俳句を始めるきっかけを作ったのも紀代子だった。三年前、小夜子が四十のときだった。マンション1階ロビーの掲示板にあった俳句募集の用紙に何気なく目をとめた。A四サイズの用紙に第十回全国水の俳句大会。

クリトリスも刺激されるんですよ


不整脈が出ているのだろうとおおよその見当はついていた。心配のない不整脈もあり、雄三自身時折り不整脈を感じていたので、それほど深刻には受け止めていなかっコトンと、どうかすると心臓が止まりそうになる時があるのと眉を寄せる小夜子にそれはちょっとおかしいよ。一度、病院で診てもらったら。と言ったが、それ以上強くはすすめず、雄二は小夜子自身にまかせていた小夜子は、雄三の出張に合わせてよく一泊二日程度の小旅行をした。以前は大学時代の友人を誘っていたが、俳句をはじめてからは志田紀代子と行っていた。
違う人がおチンポ